ドラマ・映画考察

アイアンマンがエンドゲームで死亡した理由はなぜ?原作との違いは?

アベンジャーズ/エンドゲームのラストで命を落としてしまったアイアンマン。

どうして主役級のアイアンマンが死亡しなければならなかったのでしょうか?

また、原作と映画では違いがあるのでしょうか?

そこでこの記事では

  • アイアンマンがエンドゲームで死亡した理由はなぜか
  • 原作との違いはあるのか

以上についてお伝えしていきます。

アイアンマンがエンドゲームで死亡した理由や死因は?

アイアンマンはなぜエンドゲームで死亡しなければならなかったのでしょうか。

アイアンマンが死亡した理由は・・・

トニースターク自身が指パッチンをしなければ

サノス軍に勝つことなど出来ない運命だったから

と考察します。

インフィニティー・ウォーでサノスに完敗してしまい、大切な仲間たちの半分を失ってしまいます。

その中でも特に可愛がっていたスパイダーマンこと、ピーター・パーカーを失ってしまったトニースターク。

エンドゲームでは、何が何でもサノスに勝たなくてはならないという一心で、どんな攻撃にも耐えられるよう改良を重ねて作り上げたのがマーク85。

トニーはこれを着用して、戦いに臨みます。

タイムストーンの力により未来を知っているドクターストレンジが言うサノスに勝つことが出来る唯一の可能性は、1400万605分の1という確率。

それがまさに、トニースターク自身が指パッチンをして、自らの命を犠牲にしながらも宇宙を守るという運命でした。

そして、アイアンマンがエンドゲームで死亡した死因となるのが、インフィニティストーンのエネルギーに耐える事が出来なかったからです。

どれだけスーツを最強に改良しても、スーツを来ているトニースターク自身はやはり常人。

サノスでさえ、インフィニティーストーンのパワーに耐えるにはギリギリだったほど壮大なエネルギーを発するため、命を落としてしまう事は逃れられなかったようです。


アイアンマンは原作でも死亡?違いはある?

原作のアイアンマンも、エンドゲームの時と同様に、死亡してしまうのでしょうか。

どうやら原作でのアイアンマンは

首を引きちぎられてしまう!

だけど、その後生き返る

このように、原作とMCUの映画とでは、アイアンマンの死亡には大きな違いがあります。

インフィニティ・ウォーの元となった原作は、インフィニティ・ガントレットという本。

こちらではサノスの恋人に襲われ、首を引きちぎられている状態で、あっけなく死亡してしまうようです。

しかし、その後ネビュラにより、アイアンマンは生き返るという内容になっているそうです。

もし、MCU映画で原作同様の内容にしていたらと思うと、ゾッとしてしまうくらいの違いに驚きですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】インフィニティ・ガントレット
価格:3080円(税込、送料別) (2021/9/27時点)

楽天で購入

 

アイアンマンの死亡シーンが悲しい・・・

エンドゲームが公開されて以降、全世界のMARVELファンが悲しみのどん底に落ちてしまっています。(筆者もそのひとり・・・)

ネット上では、このような悲しみの声が広がっておりますので、ご紹介します。

他にもアイアンマンを弔う書き込みが多数見受けられました。

アイアンマンにはあまり注目して見てこなかったという方たちでさえも、この最期の迎え方を見てしまうと・・・

ほんと悲しすぎますし、トニーのイメージもガラッと変わったという方も多いかもしれませんね。

そんな私自身も、このエンドゲームでの最期を受け入れるまで時間がかかりました。

映画館でエンドロールを最後まで見終わっても、すぐ立ち上がることさえ出来なくなるほどの悲しみで、心が締め付けられた事を覚えています。

両膝立ちの姿があれだけかっこよく出来るのは、アイアンマン以外いないでしょう。

トニースタークが生き返る可能性と復活説

アイアンマンが死亡してしまった事に落ち込んでいるMCU映画ファンにとって、朗報となるのでしょうか。

どうやら、トニースタークが生き返る可能性があるとか、ないとか。

そこにはどのような復活説があるのか、考えてみましょう。

今の段階でアイアンマンが生き返る可能性があるのか、ないのか・・・それは誰にも分かりません。

筆者の考察としては・・・一番可能性が高いのは

AIとしてホログラム化された

トニースタークが登場すること

エンドロールでのトニースタークのお葬式を行うシーンで、実際にホログラムとして皆の前に出ています。

あのホログラム、精巧に作られすぎているというか、本当にそこに居るように感じます。

ちゃんと、愛娘のモーガンの目を見て話しているようですよね。

どんな場面においても、先見の明に長けていたトニースターク。

自分自身がこの先死んでしまうような事があっても大丈夫なように、その後の対策はバッチリしてありそうですよね。

トニースタークを演じたロバートダウニーJrも今後のMCUにおいて、アイアンマンは復活する可能性はあるのかという問いに対して

どんな事もあり得る

と答えていることですから、大いに期待したいものです。

まとめ

ということで、この記事は

  • アイアンマンがエンドゲーム死亡した理由はなぜか
  • 原作との違いはあるのか

以上についてお伝えしてきました。

Q.アイアンマンがエンドゲームで死亡した理由

アイアンマン自身が指パッチンをしなければ、サノスを倒し宇宙を救う事が出来ないという運命だった。

インフィニティーストーンの発するエネルギーに耐える事が出来なかった。

Q.原作との違いはあるのか

原作はインフィニティー・ウォーの元になった話の段階で首を引きちぎられて死んでしまうという、あっけない終わり方であり、大いなる違いがあった。

アイアンマンがいないという世界の話が現在フェーズ4として始まっています。

それでも、どこかの場面でカメオ出演でもいいから、トニースターク、アイアンマンの姿を探してしまう自分がいます。

どんな姿でもいいから、復活してまた彼に出会える日が来ることを、私は切に願っています。

というわけで最後までお読みいただき、ありがとうございました!