ドラマ・映画考察

ハルクとインクレディブル・ハルクの違いは?見なくてもいいほうはどっち?

「ハルク」と「インクレディブル・ハルク」は、どちらもハルクが主役の映画です。

この2つのハルクの違いは一体何でしょうか。

また、見なくてもいい方はどちらなのでしょうか。

そこでこの記事では

  • ハルクとインクレディブル・ハルクの違いは?
  • 見なくてもいいほうはどっち?

以上について、お伝えしていきます。

ハルクとインクレディブル・ハルクの違いは?

ハルクとインクレディブル・ハルク、この2つの違いは、一体何でしょうか。

2つの作品の違いは…

  • ただ逃げる事を続けるのか
  • 元の体に戻す事を模索し続けるのか

と言った点に違いがあるようです。

 

ハルクのストーリーは

父親との確執や、ハルクに変身しないように常にひと目を避けて、逃げ続ける逃亡者としての生き様が主軸となっています。

 

一方でインクレディブル・ハルク

MCUの世界観が主軸となるため、「スーパーソルジャー計画」の失敗により、生まれてしまったキャラクターとして描かれています。

その中で、ハルクにならないようにする方法を研究するところから、始まります。

 

ちなみにもう1点。

この2つの作品には

ハルクを扱う権利にも違いがある

どちらのハルクも同じマーベル・コミックスのキャラクターであるハルクを元にしています。

2003年、アン・リー監督によるハルクの配給権は、ユニバーサル・ピクチャーズにありました。

しかし、このハルクの評判があまり良いものでは無かったので、続編を作ることが出来ませんでした。

 

そこで、マーベル・スタジオはハルクの映画出演権を取り戻します。

 

そして、新たに2008年にルイ・レテリエ監督により、「インクレディブル・ハルク」を公開します。

こちらはマーベル・スタジオとしての映画となりますが、配給権がユニバーサルのままになっているのです。

そのためマーベル・スタジオはハルクの単独映画を作るとなると、どうしても配給権はユニバーサル・ピクチャーズに設定する必要があるのです。

 

どちらのハルクも、ブルース・バナーがガンマ線放射事故をきっかけに、ストレスや強い感情を抱くと緑色の肌をしたハルクに変身してしまう内容です。

ですが、この2つのハルクの作品は繋がりがあるわけではないので、それぞれ単体の映画と認識して良いと思われます。

ハルクとインクレディブル・ハルク・・・見なくてもいいのは?

ハルクとインクレディブル・ハルクですが、見なくてもいいのはどちらのハルクなのでしょうか?

この記事での結論としては・・・

\見なくてもいいと思う作品/

2003年ハルクの方

ただし、どちらかを選ばないといけないという前提でハルクと答えましたが、もちろんどちらも見るべきだとも思います。

 

ハルクには、ブルース・バナーがなぜハルクになってしまったのか、という過程をしっかり描写してくれています。

しかしインクレディブル・ハルクには、その説明はオープニング映像の裏側でちょっと見える程度です。

 

ですのでインクレディブル・ハルクだけしか見たことがないとなると、ブルース・バナーが

  • なぜガンマ線放射事故に合わなければならなかったのか、
  • なぜハルクになってしまったのか

など、ハルクになってしまった過程をもっと詳しく知りたいと思われる方には、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

ですが、インクレディブル・ハルクはマーベルが製作をしているため、自社権利のもと、原作から忠実に描く事が出来ます。

 

そういった点から見ても、見なくてもいい方と言うより

見ておくべき方は、インクレディブル・ハルクではないでしょうか。

アベンジャーズと繋がってるのは?

ハルクとインクレディブル・ハルクですが、アベンジャーズと繋がってるのはどちらなのでしょうか。

アベンジャーズと繋がってるのは

インクレディブル・ハルク

なぜなら、インクレディブル・ハルクのエンドクレジットには、その後のMCU作品を見ていく上で、とても重要なシーンがあるからです。

 

その他にも

  • シールド
  • ニック・フューリー
  • ロス長官
  • スーパーソルジャー計画

など、アベンジャーズへと繋がりがあるキーワードがたくさん散りばめられています。

 

しかし、インクレディブル・ハルクとアベンジャーズに繋がりをあまり感じさせない原因が1つあります。

 

それは、ブルース・バナーを演じた俳優が変わっているということです。

ハルクの俳優が変わった理由はなぜ?どっちがいいか評判を調査MCU映画の人気作「ハルク」のハルク役の俳優が途中で変わってるんですよね。 なんで途中からハルクの俳優が変わってしまったのでしょう...

インクレディブル・ハルクは、エドワード・ノートンが演じていますが、アベンジャーズ以降のハルクは、マーク・ラファロが演じています。

 

この違いが、MCUとの繋がりがあるのか、ないのかの疑問を抱かせてしまうのでしょう。

MCUでのハルクは、インクレディブル・ハルクから、さまざまな経験を経て、ハルク自身もどんどん変化していきます。

 

個人的には、ナターシャとは本当のところどうなりたかったのか、聞いてみたい気もしますね。

それと、2019年の東京コミコンで、マーク・ラファロが来日しました。

その際に、まだハルクには描くべきストーリーがあると言っていたので、今後のハルクに大いに期待をしていいのではないでしょうか。

まとめ

ということで、こちらの記事では

  • ハルクとインクレディブル・ハルクの違いは?
  • 見なくてもいいほうはどっち?

以上について、お伝えしてきました。

Q.ハルクとインクレディブル・ハルクの違いは?

→ストーリーの主軸が違う

→ハルクを扱う権利が違う

Q.見なくていいのはどっち?

→ハルク!インクレディブルハルクは見た方がいい!

私はMCUの映画を見るようになって、30作品近くのいわゆるインフィニティーサーガと呼ばれるシリーズを何十回も見てきました。

しかし、ハルクやインクレディブル・ハルクに関しては、数回しか見直していません。

なぜなら、『ハルク』というキャラクターがいる、という認識だけでも、その後のMCU作品を楽しむ事が充分に出来るからです。

ただ、フェーズ4のシャンチーまで公開されている現在において、今後のMCU作品に、インクレディブル・ハルクの繋がりとなるキャラクターやストーリーが出てくるという話のようです。

今一度、インクレディブル・ハルクを見直さなければと思っています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。